イタチを駆除するなら業者にお任せしよう~驚く方法で害獣撤退~

捕獲しよう

作業員

イタチのような害獣を駆除するためには、専用の道具が必要になってくることもあります。というのも、イタチを始めとする害獣の多くは動きが素早く、俊敏のため素手で捕まえるのはかなり手間がかかってしまいます。このため、捕獲器などが必要になってきます。イタチを捕獲するために罠をはるためには、あらゆる許可をもらう必要があります。まずは、罠を仕掛ける敷地の所有者から許可を貰う必要があります。所有者から許可を貰ったあと、自治体から罠を仕掛けて捕獲することが可能かの許可を貰う必要があります。イタチは性別により捕獲が認められていないこともあります。ただ、オスイタチで狩猟期間であれば罠を仕掛けて捕獲することが可能になってきます。ただ、狩猟期間外で捕獲するためには自治体からの許可が必要になってくるため気をつけておきましょう。自治体からの許可はすぐに降りるのではなく、2日や3日ほど時間がかかります。どのような目的で捕獲するのか、どのような被害があったのかなどが申請する際には必要になってきます。業者に依頼することで、申請にも協力してくれるため許可が降りるのもスムーズになります。捕獲するためには、専門の資格が必要になってくることもあります。業者なら、そのような資格を持っている人が対応してくれるため、安心です。業者により駆除方法は変わってきますが、捕獲するためにはこのような手順を踏まえる必要があるためよく確かめておくことが大切です。業者によっては忌避剤を活用しての追い出しを行うこともあります。